04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-08-06 (Wed)
月曜日、Y君の転院後初めての負荷テストに行ってきました。

忘れないようにメモさせていただきます。。。

クラシナ用のメモなので
畳みますので、どうぞスルーしてくださいませ☆
* * *

+++++++++++



8月4日(月)

朝起きて、まずは家族でごはん。

10時30分。
家を出るギリギリに合わせて病院に持っていくゆで卵を作る。
ゆで卵は固ゆで20分。
しばらく室温においた卵をお水の中に入れて
沸騰してから20分。
ゆであがった卵は白身の成分が黄身に浸透するまえに
とりあげてすぐに白身と黄身に分ける。
黄身を丸々、タッパーに入れてスプーンと薬(ジルテック含む)と一緒に
病院へ持っていく。
(※悪くならないように保冷剤で冷やして持っていく。)


午後1時の予約に合わせて11時30に家を出る。
病院についたのは12時55分。
(※今回はギリギリに着いたので、次回は2時間前に家を出る。)
【こども医療センター】までは弘明寺の駅からバスで10分ほど。
バスの時間にもよるのだけど
家から病院までは、やっぱり片道1時間30分以上はかかるらしい。。。

予約時間(午後の診療開始時間)の13時。
続々呼ばれていく子供たち。。。

大抵の子が負荷テストらしく、番号を呼ばれて入っては数分で出てくる。


すぐに順番が回ってきて1回目の負荷テスト開始。
卵の黄身が丸々入ったタッパーとスプーンを先生に渡す。
先生がY君に食べさせる量の黄身のかけらをスプーンに乗せて
クラシナに渡す。

そのスプーンに乗っている黄身をY君にパックンさせて
30分、待合室で様子を見る。

特に何も症状が出なかったら2回目の負荷テスト。
先生に再度呼ばれて1回目よりも多い量の黄身を先生がスプーンに乗せて
クラシナがY君にパックンさせる。
その後、再度30分待合室で様子を見る。

※何か変化があったら、患者さんが入ってる間でも構わず
先生の診察室に連れていく。
負荷テストの合間には、卵が入っている物以外は
何を食べさせてもOK!(※先生の前できちんと食べられたらご褒美あげる。)


体調や機嫌にもよるけれど
Y君が大丈夫そうだったら、3回目の負荷テスト。
またまた2回目よりも大きい黄身の欠片を
先生に取り分けてもらってY君にパックンさせて
30分待合室で待つ。
※今日は負荷テストは3回で終了なので
次の負荷テストの予約とファイルと血液検査の結果をもらって帰宅。

※負荷テストを3回した場合
待合室で待つ時間は最低でも2時間。
(他の患者さんを診察しながらの負荷テストなので
時間が押すことが多いので3時間はかかると思った方がいい。)
何か時間を潰せるものを持参しないと
Y君が退屈して暴れるので体力が続かない Orz


次の負荷テストまで
今日の最後に食べさせた黄身の量を毎日Y君に食べさせて
次の負荷テストまで免疫を付けておく。
今回の最後に食べた量は薬指の爪部分位の量。
(※1日も欠かさず食べさせる!)

※自宅での黄身の量は、徐々に増やしていってもOK!
黄身は1/8以上は食べさせる必要性がないので
黄身1/8を目指して食べさせる。


3回目の負荷テスト後
何もなければそのままファイルを持ってお会計。
医療証があるのでお会計はタダ。
医療症が無かったら、負荷テスト代含んで1万1110円。(3割負担なら3700円位かな?)
※医療証、診察券、会計カード、保険証は必ず毎回持参すること。
(診察券が無いと、その日、必ずその場で再発行。手数料150円がかかる。)

★自宅に着いたのは17時30分頃。
11時30分に家を出たのでトータル6時間ほどのお出かけ。
病院に行く日は丸々半日時間を取られることが判明。
帰ってくるとY君が眠そうにしていたので
お風呂&夕飯の支度をしてから病院に行った方がいいかも。

+++++++++++++++++


ちなみに血液検査の結果は
目立つのはやっぱり卵白!!

☆卵白 クラス4 測定値24.6

先生には「やぱり卵白は高め」と言われる。

今回の血液検査の結果は下記の通り。
++++++
☆IgE(非特異的IgE) 測定値1330
☆カモガヤ           クラス1  測定値0.58
☆ブタクサ           クラス1  測定値0.51
☆スギ              クラス2  測定値0.97
☆ヒノキ             クラス2  測定値0.7
☆ネコのフケ          クラス0 測定値0.13
☆犬のフケ           クラス1 測定値0.53
☆ヤケヒョウダニ(ダニ1)   クラス5 測定値88.7
☆牛乳              クラス2 測定値0.73
☆卵白              クラス4 測定値24.6 
☆ピーナッツ          クラス0 測定値0.27
☆大豆             クラス1 測定値0.36
☆エビ             クラス2 測定値1.71
☆小麦             クラス2測定値0.86
☆米              クラス0 測定値0.32
☆ソバ             クラス1 測定値0.39

+++++++++++

※クラス1~2は気にしなくても良い程度。
卵白のクラス4はアレルギー強め。
ヤケヒョウダニのクラス5は子供なら誰でもそのくらい出る。気にしなくても良い。

との結果でした。

やっぱり卵白はまだクラス4ありましたか・・・Orz
もしかすると、負荷テストを始める前はクラス6くらいあったかもね(^ω^;)
でもでも、血液検査=症状が出る。というわけではなく
血液検査で数値が高くても食べられる子はいっぱいいるし
数値で低くても食べられない子はいるので
あくまでも血液検査は参考にする程度。
でも小心者のクラシナにとっては
とっても心強い血液検査の結果で
まだY君に食べさせてあげられてなかった
【ソバ】と【エビ】を試す勇気をもらえました!!

先月はしばらく卵の負荷テストを休んで牛乳を試していたこともあって
今では牛乳も200mlまで飲んでも蕁麻疹が出なくなったので
食物アレルギーについては
やっぱり食べ続けていくことが大事なのだな。。。と実感しています。


次回の負荷テストは9月18日(木) 13時~。
次からは黄身だけではなく、白身を加えて
十分火を通した卵やきで挑戦です。

次も何も症状が出ないでくれるといいな~。
それまで毎日、なんとか工夫して黄身を食べ続けてもらわなくちゃ!!
嫌々食べさせるのは逆効果らしいので
なんとか笑顔で食べてもらえるように
色々工夫するのがクラシナのこれからの努力になりそうです。
クックパッド見てがんばるぞっ!!(≧△≦)>
















スポンサーサイト
| 息子Y君の記録 | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。